教育理念

教育理念

本校は、独立行政法人労働者健康福祉機構の使命に基づき、
人間愛と生命に対する尊厳を基礎とした豊かな人間性を培い、
勤労者医療に貢献できる看護の実践者として、
生涯成長し続ける人材の育成を目指す。

教育目的

本校は学生に対し、看護師として必要な知識及び技能を修得させ、教養のある看護師として必要な人格を育成することを目的とする。

 

教育目標

  • 対象者理解のために、より良い対人関係能力を養う
  • 問題解決のために、科学的根拠に基づいた思考能力と意味づけする力を養う
  • 対象者の健康支援のために、基礎的な臨地実践能力を養う
  • 看護の職責を果たすために、保健・医療・福祉との連携のなかで看護の役割と機能を理解し、行動する能力を養う
  • 専門職業人として常に向上し続けるために、主体的に学習・研究する態度を養う
  • 生命の尊厳と人間性の尊重に基づいた看護活動のための倫理観を養う
  • 勤労者医療を推進する労災病院の役割機能を理解し、役割を遂行するために必要な基礎的能力を養う

概要

経営の主体

本校の開設者である労働者健康福祉機構(神奈川県川崎市幸区堀川町580番地)は勤労者の福祉の増進に寄与するため、労働者健康福祉機構法に基づいて設立された独立行政法人です。全国に35か所の労災病院(総合せき損センター及び吉備高原医療リハビリテーションセンターを含む)ならびに9か所の看護専門学校のほか、治療就労両立支援センター、海外勤務健康管理センター、産業保健推進センター、労災リハビリテーション作業所等を設置運営しています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA