本記事内では一部プロモーションを含みます。

看護師 子育て 辛い
『看護師で「仕事」と「子育て」の両立をなんとかできないかしら?』
これはどれだけ看護師の子育てが辛いかをわかっていない人の考えかもしれません。

結論からすれば
看護師の仕事をフルタイムでバリバリ働きたいなら子育てとの両立は無理だから諦めた方がいい
と私は考えています。
人間はみんな1日24時間しかありません。
それなのにあの激務で夜勤もある看護師に「仕事」と「子育て」の両立は不可能だと思います。
だってあなたはスーパーウーマンじゃないから。

でも、「両立」ではなく「優先順位をつける」ことは可能だと思うんです。

今は看護師としての働き方も多様になってきています。
また勤務先も柔軟な対応をしてくれるところもたくさんあります。
いったん子育てに専念するために看護師の仕事を辞める
ブランクがあってもいつでも看護師の仕事に復帰することは可能です。
子育てのために看護師としての仕事をセーブする。
今は「派遣」「パート」という形で週2など時短や夜勤なしで働くママナースもたくさんいます。

看護師をしながらの子育てが辛い・・・
そんなあなたが精神的肉体的に追い込まれる前に早めに決断と割り切をして欲しいと私は思います。
そうしないと
精神的に病んでしまう
夫婦喧嘩で離婚の危機
肉体的にもボロボロ
になってしまいかねません。

共働きのママ看護師なら仕事と子育ての両立はつらいだけ

子育て 看護師 共働き 悩み
子育てをしながら共働きをする看護師は、さまざまな悩みを抱えることがあります。

  1. 子どもの体調不良時の欠勤
    子どもが病気になった場合、看護師として働く規則により、自身が休む必要が生じることがあります。解決策として、予期せぬ休みに備えて予備の預け先や託児サービスを利用することが考えられます。また、家族や友人などの協力を頼ることも重要です。
  2. 残業とお迎えに間に合わない
    看護師の仕事は予測困難な状況が多く、残業が発生することがあります。この場合、まずは職場の上司や同僚に相談し、柔軟な労働時間やシフトの調整を依頼することが大切です。また、託児サービスや家族の協力を活用して、子どものお迎えに間に合うよう計画を立てることも有効です。
  3. 子どもと触れ合う時間が少ない
    子どもとの時間を増やすためには、日々の時間配分を見直す必要があります。仕事から帰った後や休日に子どもとの特別な時間を作ることが大切です。例えば、一緒に遊ぶ時間や読書時間を設けたり、子どもとのコミュニケーションを大切にすることで、子どもとの絆を深めることができます。
  4. 自分の時間が少ない
    子育てと仕事に追われていると、自分自身の時間が犠牲になりがちです。しかし、自己の時間を確保することは、心身の健康を保つために重要です。パートナーや家族に協力を頼み、自分のための時間を作ることが必要です。例えば、ホビーや趣味に時間を使ったり、リラックスする時間を持つことが大切です。
  5. 夫婦の時間が少ない
    共働きの看護師カップルは、忙しい日々の中で夫婦の時間を確保することが難しい場合があります。
    夫婦の時間を確保するためには、以下のような対策が考えられます。
    まず、日々のスケジュールを調整し、共通の休日や時間帯を見つけることが重要です。お互いの仕事や子どものスケジュールを考慮し、夫婦で時間を共有できる時間帯を見つけましょう。
    また、定期的なデートや夫婦の時間を設けることも大切です。例えば、週に1回のデートや、子どもを預ける時間を作ってゆっくりと夫婦の時間を楽しむことができます。
    さらに、日常生活の中で些細なことでもお互いに関心を持ち、コミュニケーションを大切にしましょう。夫婦間のコミュニケーションが円滑に行われることで、お互いの気持ちや悩みを共有し、理解し合うことができます。
    最後に、家事や育児の負担を分担することも夫婦の時間を確保する上で重要です。互いに協力し合い、家事や育児の負担を分かち合うことで、時間を作る余裕が生まれます。



これらの解決策を実践することはどれも簡単ではありません。
そこで、なにを優先しなにを捨てるか?決断しなければなりません。
それは収入面かもしれません。
キャリアかもしれません。
でも、共働き夫婦のママ看護師だからこそ子育てと仕事の両立できれば、よりバランスの取れた生活を送ることができるでしょう。
ただし、個々の状況や家庭によって最適な解決策は異なるため、自身やパートナーとよく話し合い、適切な対策を見つけていくことが重要です。

共働きの看護師の働き方で両立は無理で辛いからフルタイムの働き方は後悔する人が多い

看護師 子育て

子供には寂しい思いはさせたくない!
でも
看護師としてのキャリアは捨てたくない!
これって実現不可能な無理な注文ではないでしょうか?

幼い子供の子育てはとっても手がかかり、子育てに専念している専業主婦であっても大変なことなのです。

共働きのママさん看護師の働き方でフルタイム勤務は体力的に本当に辛い

看護師の仕事とと家事や育児の両立でフルタイム勤務では不可能と言ってもいいかもしれません。
よほど夫や実家の両親などのサポートがあっても、結局はいつかそのしわ寄せがあなたの身体を蝕んでいきます。

看護師としてあなたの代わりはたくさにますが、まだ幼いあなたの子供にとってママの代わりはいません。
子供にとって唯一無二のママだからこそ、身体を壊してしまっては元も子もないのです。

ママさん看護師の働き方でフルタイム勤務は精神的にも辛い

看護師 フルタイム勤務 子育て
看護師のフルタイム勤務は長時間勤務が当たり前です。
それに夜勤が加わるのですからなおさらです。

今は看護師不足の病院がほとんどです。
猫の手も借りたい状況ですから、いくら子育てがあるからといっても毎回残業を断るのもなかなか気が引けます。

さらに新しい医療技術の進歩についていくために、煩雑に勉強会や研修会も開催されます。

そんなアップアップの状態が続けばつい精神的に追い詰められて、些細なことでもイライラしてしまいます。
そのイライラが、夫や子供に八つ当たりしてしまっていませんか?

共働きが辛いママ看護師の後悔しないための決断は「退職?」or「転職?」

看護師のママに反抗する幼い子供

ママさん看護師ならいつか「仕事」と「子育て」に辛い決断しなければいけないタイミングがいつか必ずやって来ます。
それは
看護師の仕事を辞めて子育てに専念するか?
あるいは
子育てに支障のでない範囲で働くために転職するか?
です、
なぜなら看護師の仕事は子育てと両立できるほど楽な仕事ではないもですから。

子育てのために看護師の仕事を辞める決断


引用:厚生労働省 看護職員の現状と推移

多くの看護師が「結婚」「子育て」のために辞めていったのはあなたのまわりでもたくさんいたことでしょう。
それくらい看護師の仕事と子育ての両立って難しいのです。

確かに今まで築き上げてきた看護師としてのキャリアを捨てることは辛いはずです。
旦那の給料以上の収入をそう簡単に手放せません。
しかし、役職などが上がれば上がるほどその責任も重くなります。
そんな状況で
「子供のために夜勤はできません」
「子供が急に熱を出したので今日は休ませてください」

なんて言い出せないですよね。

でも、子供からすれば母親というのは世界でたった一人だけです。
そんな母親から十分な愛情が与えられないというのは、まだ幼い子供にとって可哀想なことではありませんか?
特に幼い子供であればあるほど、母親と子供は十分に触れ合う時間を作らなければいけません。

今は看護師の仕事にいつでも復帰できる時代だから子育て優先してみませんか?

看護師 子育て
今の日本で看護種不足はとても深刻です。
そこで政府も「結婚」「子育て」で看護師の仕事を辞めてしまった潜在看護師を現場になんとか復帰してもらおうと躍起になっています。
ですから離職する看護師にはすぐに復職できるように届け出制度も制定されています。
参考:離職時等の届出制度

なので看護師の仕事復帰はさほど難しくはなく、いつでも復職は可能です。
ただ心配なのは
看護師としてのブランク
新しい職場で新たに人間関係を作れるか不安
ですよね。

確かに、看護師の現場から離れるのには相当の不安があって当然ですし、復職にはそれ相応の大変さもあるでしょう。
でも、それ以上に幼い子供との時間の確保のほうが大切なのではないでしょうか。

共働きのために看護師の仕事をセーブする決断(楽な職場に転職)

子育てを優先しながらも、看護師の仕事を続けるというのはいかがでしょうか?
それには看護師の仕事をセーブするという決断も必要です。

いつか本格的に看護師として復職するなら、常に看護師の世界に接しておくのも大切です。

今は看護師の働き方も多様化しています。
ですので常勤だけではなく
週2だけ、
短時間勤務で、

という派遣やパートという看護師の働き方もあります。

確かに収入面では大きく減ってしまうかもしれません。
でも、こんな働き方なら看護師の仕事と子育ては十分に両立が可能です。


共働きが辛い看護師には「100点満点の母親・妻をやめる」という割り切りも大事

看護師 子育て

子育てが辛いと感じている看護師さんほど頑張りすぎています。
無理のし過ぎはいつか爆発してしまiかねません。

100点満点の理想の母親・妻なんてヤメませんか?諦めませんか?
そもそも100点満点の理想の母親・妻なんて専業主婦にもいません。
普通の女性ならなにかしらの得手不得手や欠点があるのが当たり前です。
それなのに看護師の仕事をしながら理想の母親や妻を目指すのは無理なのです。

看護師ママの働き方でフルタイム勤務は「仕事」と「家庭」のどちらを選ぶか究極の選択が迫られる


【子育てと仕事 どっちかを選んでもいい】



看護師の中でも仕事に対する価値観は異なります。
フルタイムでバリバリ働けばそれなりの役職や収入も勝ち獲ることもできます。
しかし、そのことで失うものも少なくないのではありませんか?

仕事優先で夫との夫婦関係がギクシャク
子供との関係性がうまく築けない

気づいた時にはもう手遅れ?ということもあるので、早めにあなたなりの未来の予想をしてみてください。
今の働き方を続けていた場合の5年後10年後はどんな状況になっているのかを・・・

共働きだからと夫に子育てや家事の協力を求めても腹が立つだけ

もしかしたら共働き夫婦の旦那はこんな夫では?

実は看護師の離婚率は意外と高いという調査結果もあります。

■看護師の離婚率が高い5つの原因
看護師の離婚率が高い5つの原因は以下の通りでした。不規則な生活スタイルや経済面が離婚の原因になっています。
① 夫と予定が合わない勤務時間&休日
② 疲れ果てて家事・育児ができないことを夫はなかなか理解できない
③ 忙しさが普通になって価値観の違いが生じている
④ 就職先が多く、希望の働き方を選べる
⑤ 経済力があり、離婚しても生活に困らない
特に『④ 就職先が多く、希望の働き方を選べる』については、コロナ禍においても看護師の有効求人倍率は、一般平均の1.6倍となっており、売り手市場が継続していることが分かります。
引用;PR TIMES

子供にとっては子育てうんぬん以前に「お父さんとお母さんの仲が良い」ということのほうが大切だと思います。
だからこそ最初から夫に子育ての協力なんて求めないほうが精神衛生上良いと思います。
それはこんな理由があるからです。

育児に協力せずスマホばかり触っているのはあなたの夫だけではありません

幼い子供は「おむつ替え」「授乳」とママは24時間体制で休む暇もありません。
それなのに「夫がソファーでゴロゴロしながらスマホを触ってばかり」というのではイライラしませんか?
育児はそもそも夫婦が協力して行うものなのですが、まだまだ今の日本ではそこまでの意識はありません。、
積極的に協力してくれない夫についイライラして八つ当たりしてしまうのも仕方ありません。

ちょっと育児を手伝っただけでイクメン気取りの夫

夫というものはちょっと育児を手伝っただけで
「俺はイクメン!優しい夫だ」
と勘違いしてしまいます。
そんな「たまにオムツを替えた」だけで知人や親戚に大袈裟に「イクメンアピール」されるとついイライラしてしまいませんか?

協力してくれるのは嬉しけれど家事や育児にいちいち口出しされては夫も困る

夫が育児や家事に協力してくれるのは嬉しいですが、かえってそれが禍になることがあります。
夫の育児や家事に手伝いしてくれても、その育児や家事のやり方が気に入らずいちいち口出しせざるおえなくてはかえって余計にイライラしてしまいます。

たまには子育てや育児をサボる【ずぼらママ】になりませんか?

「子育てが辛い」と悩んでいる看護師さんにアドバイスしたいのが
「頑張りすぎないで!」
ということなんです。

例えば
たまにはl子育てや育児をサボいる【ずぼらママ】になる
のもいいんじゃないんでしょうか?

家事代行で時間を買う

今は家事代行という便利なサービスも普及してきています。
月々1万円ちょっとでかなり家事の負担が減って子供との時間が増えるのは有難いことでもあります。

家事代行のサブスクは月額1万円ちょっとから利用できます。
およそ週に1回(月に4回)の2時間程度になりますがそれでも忙しい奥さまにからはとても助かると好評です。
家事代行を利用されているユーザーさんの利用した感想もや意見もご覧になってみてください・

【おすすめサブスク家事代行サービス会社】
カジー(CaSy)

子供が小学生4年生くらいになるまでは看護師の仕事をセーブする

子供が小学生の3年生くらいになるまでは、夜勤や残業のない派遣やパートの看護師として働くという働き方を選ぶママさん看護師が増えています。
今は病院以外にも看護師の活躍できる職場がたくさんあります。
それに、子育てがひと段落したらいつでもバリバリ看護師として働ける職場復帰がとても簡単い出来る時代になりました。

子供が小学生のうちはまだ子供のとってお母さんという存在はとても重要です。
その間だけでも、しっかり子供と向き合うのも後悔しない子育てであるといえます。
でも、子供も小学生4年頃くらいからは、親よりも友達との関係にシフトしていきます。
またその頃にはお母さんの看護師としての仕事の重要性もきっと理解してくれます。

親の協力を遠慮なく受ける

子育てをママナースひとりでやるのは大変です。
だからこそ、親(義両親)に子育てのサポートを受けるのもいいと思います。

ママナースとして看護師の仕事を続けるなら親(義両親)とのサポートを受けることも選択肢のひとつに入れてみませんか?
それなら
親を呼び寄せる
親の近所に引越しをする
という決断も時には必要になります。

確かに
「孫を甘やかしすぎる」
「教育方針位までいちいち口を出してくる」
というデメリットもありますが、なにより
あなたが看護師の仕事を続けていくことができる
という大きなメリットがあります。

子育て優先の看護師の働き方を探すなら

もしママ看護師として子育てを優先する働き方を考えているなら「MCナースネット」さんに相談してみるのもいいかもしれません。
MCナースネットなら同じ看護師でもいろいろな働き方を提案してくれます。



\子育てママ看護師のベストな働き方は?/
【MCナースネット】でどんな求人があるか見てみる